旅のレポート


by wwbryrfivs
 兵庫県明石市の歩道橋事故から8年9か月。明石署の榊和晄(かずあき)・元副署長(63)が20日、一般人で構成する検察審査会での起訴議決を経て、強制起訴された。

 遺族らは「法廷で真実を話してほしい」と訴えている。一方、「市民による起訴」にこぎ着けた指定弁護士は起訴後に記者会見し、公判での有罪立証に自信を示すとともに、「これからが本番」と気を引き締めた。

 事故で次男の智仁ちゃん(当時2歳)を亡くした下村誠治さん(51)は、「心にぽっかり開いた穴を埋めようとしてきた。3年、4年かかっても真実を知りたい」と語る。

 下村さんは今後、指定弁護士に会って、被害者参加制度で公判に参加できるよう手続きを要請する考えだ。自ら法廷で榊元副署長に質問することを念頭に、「証言と矛盾する点があれば突っ込んでいきたい。これまでどんな責任を感じてきたのか直接言葉を聞いてみたい」と述べた。

 また、長女の千晴(ちはる)ちゃん(当時9歳)と長男の大(だい)君(同7歳)を亡くした有馬正春さん(51)は、これまで民事、刑事の裁判のほとんどを傍聴してきた。業務上過失致死傷罪に問われた同署元地域官の金沢常夫被告(60)(上告中)の公判では、証人として出廷した榊元副署長の証言を聞き、「現場に責任を押しつけている」と失望感を抱いたという。

 有馬さんは、強制起訴について「証人と被告では重みが違う。元副署長は真実を語り、有罪という形で責任を取ってほしい」と話した。

 ◆指定弁護士「身引き締まる」◆

 起訴後に記者会見した指定弁護士の安原浩弁護士は、「睡眠不足を押してやっとここまで来たが、立証活動を考えると、身が引き締まる思いだ」と話した。遺族が被害者参加制度を利用して公判に参加する意向を示していることについては、「しっかりサポートし、密接に連絡を取りたい」と述べた。

 事前の警備計画に関する過失も訴因に加えたことに関しては、「直近の過失として事故当日を最優先に考えたが、これを否定された場合のために事前の警備計画も盛り込んだ」と説明した。

 ◆地検「協力していく」◆

 神戸地検の小寺哲夫・次席検事は起訴について「指定弁護士が今後も円滑に職務の遂行ができるよう、引き続き、執務室の提供など可能な範囲で必要な協力をしていきたい」とのコメントを出した。

          ◇

 兵庫県警は、強制起訴を受け、田中登士(たかし)・県民広報課長が「当時の関係職員が起訴されたことを厳粛に受け止めるとともに、改めて亡くなられた方々のご冥福を心よりお祈り申し上げます。今後も引き続き、県民の安全を守るため、雑踏警備に万全を尽くしていきたい」とのコメントを発表した。

「法事で市議会欠席」…実は支援者と中国旅行(読売新聞)
元露鵬らが控訴 大麻問題で解雇めぐり(産経新聞)
性犯罪被害「就寝中」すべて無施錠、高層階4割(読売新聞)
トヨタ、小澤専務が代表権を持つ専務に昇格(レスポンス)
ラブホテルに強盗 従業員刺し6万奪う 東京・豊島区(産経新聞)
[PR]
# by wwbryrfivs | 2010-04-27 18:44
 科学的な根拠に基づいて男性型脱毛症の治療薬や植毛などの対処法について、5段階で評価した日本皮膚科学会の診療指針。あくまで専門医らが治療の際の参考とする位置付けだが、学会のホームページにも公開される予定で、一般の人も見ることができる。育毛剤や育毛サービスをめぐってはトラブルの相談が専門機関に寄せられ、髪の毛に悩む人にとっても正しい治療法を知る一つのきっかけとなりそうだ。(森本昌彦)

  [表で見る]男性型脱毛症の対処法

 ≪ランキング?≫

 評価は、強く勧められる「A」から、行わないよう勧められる「D」までの5段階。最高の「A」とされた成分はミノキシジルとフィナステリド(男性)で、ミノキシジルは大正製薬(東京都豊島区)の「リアップ」シリーズが該当する。

 大正製薬広報室は「A評価をいただいたことで、リアップは男性型脱毛症の治療において最もお勧めいただける製品として位置付けられたと考えている」とコメントしている。

 一方、根拠がないので勧められない「C2」とされたセファランチンを主成分とする育毛剤を製造する化研生薬(三鷹市)は「医薬部外品なので臨床データがほとんどないのは事実だが、動物実験では効果が出ている。臨床データの必要性は感じているが難しい部分もあり、今後検討したい」と話す。

 「D」と評価された人工毛植毛の人工毛を製造しているあるメーカーは「35年以上やっているが、相当な数の方に喜んでいただいているし、評価されている。医療用具を作っているとの認識のもと、安全面に配慮しているし、医師のアドバイスを受け、研究開発をしている」とする。

 一見、5段階で判定されたランキングのようにも映る指針だが、作成にたずさわった大阪大大学院医学系研究科の板見智教授(皮膚再生医療)は「誤解だ」と話す。指針のリストに挙げられたものは、少なくとも何らかの手段で科学的検証が行われたもの。「(指針で低い判定となっていても)リストに載っていないものよりは明らかにましだ」という。

 ≪相談数は2・5倍≫

 育毛剤や育毛サービスをめぐっては近年、多くのトラブルが相談機関に寄せられている。国民生活センター(港区)によると、ドラッグストアなどで売られている養毛剤(医薬品の育毛剤は含まない)について、同センターに寄せられた相談は平成17年度は63件だったが、21年度には約2・5倍の153件と増加した。

 相談内容は「店舗で養毛剤を買った。4日間ぐらい使用したら皮膚がかぶれてきた。メーカーの相談室に電話したが、納得いく回答ではなかった」「新聞の広告を見て育毛剤を注文したが、1年以上使用してもまったく効果がない。未使用分を返品したい」などだった。医療行為の植毛を除く店舗での育毛サービスについても、12年度の843件から減ってはいるものの、21年度は276件あった。

 今回の指針の目的について、板見教授は「一般の方向けではなく、専門医などが診療の際に参考にする資料。適切な治療、患者に適切な助言をするのに役立つ」と説明。「患者にとっては、世の中にあふれかえっている育毛剤などについて、医学的・科学的根拠があるのかどうかの根拠を知ることができる」と話しており、髪の毛に悩む人にとっては参考材料の一つとなりそうだ。

【用語解説】男性型脱毛症

 思春期以降に額の生え際や頭頂部の髪が薄くなる症状。髪の毛が十分に成長せず細く短くなるためで、遺伝子的な要因のほか、男性ホルモンの影響などが指摘されている。日本国内では約800万人が悩んでいるという。今回の日本皮膚学会の診療指針は、近年さまざまな商品が出ているため、国内外の研究論文を基に科学的根拠の有無を検証したものとなっている。

【関連記事】
薄毛の悩みなくなる!? 脱毛の原因遺伝子発見
薄毛対処のきっかけは“子供の一言”
「かゆみ」は白髪の前触れ!?頭皮は優しく洗いましょう
マイケル“ヅラ”だった…頭髪は「桃の産毛程度」
校内放送の「ハゲの歌」に教諭激怒 28児童に土下座強要

「よく分からないけど」谷垣氏「つぶやき」総裁に(読売新聞)
国民への意識調査、第1弾を5月に実施−高齢者医療制度改革で厚労省(医療介護CBニュース)
「首相は外交下手」社民政審会長(産経新聞)
詐取金でマンション購入 容疑の組員ら逮捕(産経新聞)
3億3000万円求め提訴=富士通3役員に投資会社−社長解任劇で(時事通信)
[PR]
# by wwbryrfivs | 2010-04-23 04:06
 手持ちの服にアレンジを利かせ、手軽に雰囲気を変えられるストールが人気だ。首周りの日焼け防止や、空調が入ったオフィスなどでの体温調節にも便利と、手放せない女性も多い。

 そんなストール人気が今、男性にも広がっている。防寒用に買い求める中高年男性が多かった数年前に比べ、若い世代がファッションとしてとらえるようになったためだ。そごう神戸店(神戸市中央区)では、1カ月の売り上げが昨年の3、4点から、今年は30点に急成長している。しかも客層は昨年の50〜60代から20〜40代へと若くなっている。

 人気の高まりを受け、同店ではアイテム数を80種類に拡大。従来はグレーやベージュの無地など地味なものが多かったが、今年は春夏によく合う黄色や水色、薄紫色などカラフルな色合いや、チェックやボーダー柄も取り入れ、デザイン性を高めた売り場に刷新した。

 綿や麻、絹、レーヨンなど素材のバリエーションも豊富だ。アレンジの幅が広がるロング丈や、シワ加工を施したものもあり、「カジュアルウエアと合わせやすくなったのが今年の特徴」と、紳士用品係の大森英樹係長は話す。

 価格は4200〜1万2600円で、よく売れるのは手ごろな5千〜7千円台。店頭で試着して決める男性や、バレンタインデーや誕生日などの贈り物にする女性も多いという。

【関連記事】
シック、女性用替え刃式「ポーチ」で販促
高級の逆襲 ブランド・百貨店、「良さ」PRで生き残り
激安に揺れるジーンズ老舗 ビンテージは変わらず強いが…
ネット通販支援、上海にスタジオ ダイアモンドヘッド
10年春夏神戸コレクション まばゆいカラーモード
外国人地方参政権問題に一石

【新・関西笑談】あこがれの果実の味は(5)(産経新聞)
「成長戦略」追加、民主が参院選公約の骨格案(読売新聞)
ベトナム原発受注へ尽力要請=岡田外相(時事通信)
高速新料金制度法案、与党委員長が異例の反対(読売新聞)
<鴻臚館跡事務所火災>連続放火の疑い 付近で5件の不審火(毎日新聞)
[PR]
# by wwbryrfivs | 2010-04-20 14:23
 政府の行政刷新会議(議長・鳩山由紀夫首相)は8日、「事業仕分け第2弾」の対象候補を、104ある独立行政法人のうち54法人が実施している計127事業に絞り込んだ。127事業への08年度の国費投入額は、判明分だけでも2兆3642億円超に上る。枝野幸男行政刷新担当相や国会議員の「仕分け人」がさらに精査し、20日にも開く刷新会議で対象を正式決定する予定。

 第2弾は23日から4日間の予定で行う。独法へのヒアリングは3月上旬に始まり、483事業について聴取。4月6日から最終ヒアリングを始め、選定作業を進めている。

 法人数は文部科学省が最多で16法人。国費投入額では国土交通省が最多で1兆2627億円だった。単一法人で最も国費投入額が多いのは住宅金融支援機構で、3事業約8956億円。民間金融機関との重複の可能性があるとして候補になった。都市再生機構は賃貸住宅など2事業(約1315億円)も候補になった。

 仕分け作業では、事業の必要性や、国が直接実施したり民間委託したりする場合とのコスト比較などの観点で「廃止」「予算縮減」などの判定を実施する。ただ、2・3兆円の中には必要と見られるものも多く、歳出削減効果は「数百億円程度」(財務省関係者)と見られる。

 枝野氏は歳出削減とともに、現行の独法制度の抜本改革を通じた天下り根絶などで政府組織をスリムにすることを重視。8日の衆院本会議では「個々の事業そのものを細かく具体的に検証した上で、夏ぐらいに抜本改革の方針を出し、13年までに改革を実現したい」と語った。【影山哲也】

【関連ニュース】
◇事業仕分け◇第2弾ヒアリング開始 「官」側に宣戦布告
◇事業仕分け◇第2弾ヒアリング開始 省庁、くすぶる不満
◇事業仕分け◇第2弾に1回生95人動員
◇事業仕分け◇第2弾ヒアリング開始 「問題」50法人公表−−枝野担当相
自民:子ども手当「不要」 逆・事業仕分け始める 

<火災>親子3人が重体…事務所兼住宅焼く 川崎(毎日新聞)
<山崎直子飛行士>巨大コンテナ取り付け終了 定評通り順調(毎日新聞)
ペット葬儀、トラブル多発「法規制必要」(産経新聞)
阿久根市長ブログ「カネに汚い例」裁判官批判(読売新聞)
<ネット名誉棄損訴訟>接続業者にも開示義務 最高裁初判断(毎日新聞)
[PR]
# by wwbryrfivs | 2010-04-14 11:02
 自民党の中川義雄参院議員は7日午後、平沼赳夫元経済産業相らの新党に参加する意向を表明したことについて、「平沼さんとは、中川一郎(元農相)以来の間(柄)だから、今後も一緒にやっていく」と説明した。党本部で記者団に語った。義雄氏は、一郎氏の弟。 

<参院選>「小沢ガールズ」再び 新人27人中、女性13人(毎日新聞)
ランサー2400台リコール=三菱自(時事通信)
小沢幹事長と前原国交相、バトル再燃!(スポーツ報知)
鴨川をどり あでやかに衣装合わせ 京都で5月1日開幕 (毎日新聞)
日本の高校生「授業・宿題以外勉強しない」 米中韓に比べ突出(産経新聞)
[PR]
# by wwbryrfivs | 2010-04-09 00:45